血糖値、何が問題なのか

 血糖値 Index Page  > 血糖値、何が問題なのか
ほんとなの?

血糖値

血糖値、何が問題なのか

注意:同じ内容を表現違いで記載している場合があります

日本人には現れにくいインスリン抵抗性

インスリンは主に骨格筋脂肪細胞肝臓でブドウ糖の吸収を促進するように働いていて、インスリン抵抗性とは、これらの組織細胞でインスリン作用の効率が弱まっている状態をさします。

インスリン抵抗性がある状態では、組織細胞にブドウ糖が取り込まれにくくなることで血糖が下がりにくくなり、正常な血糖にしようとすれば、より多くのインスリン分泌が必要になります。

2型糖尿病の初期段階で、欧米の白人ではインスリン抵抗性が現れるものですが、日本人ではインスリン抵抗性が認められにくい事がよく知られ、初期段階から「インスリン分泌不全」が全面に現れることが多いのです。
これは、日本人の体質としてランゲルハンス島からのインスリン分泌が減少しやすい事も関係いるようです。

インスリンとメタボリック症候群

メタボリック症候群は、内臓肥満に関連するインスリン抵抗性を背景とした、糖代謝異常高血圧脂質代謝異常などを生じる疾患で、動脈硬化へ発展する危険が高まった病態と定義されています。日本人の場合は初期段階から、インスリン抵抗性とインスリン分泌不全が同時に存在していることになります。

メタボリック症候群の予防や治療は、脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に食事療法による摂取カロリーの適正化と、脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となりますが、糖尿病とおなじように血糖値をコントロールして高血糖を避けることが求められます。