カプセル化で苦くない100%ゴーヤーの栄養補給食品「糖素減(とうそげん)」

 血糖値 Index Page  > 糖素減(とうそげん)
ほんとなの?

血糖値

ゴーヤーの健康食品 糖素減(とうそげん)

ワンタッチ ウルトラビュー
ゴーヤーだけの濃縮エキスパウダー食品です。1日あたりゴーヤー4〜6本分に相当します。

ゴーヤーをカプセル封入

一粒に約一本分を、濃縮エキスにしてカプセルに封入しています。これまでは苦みを緩和するために日本茶を添加する健康茶などがありましたが、カプセル封入のため純度100%でご利用できます。噛まずにお飲み下さい。
 

天然のゴーヤーが原料

世界には約100種類もあるゴーヤーから、たんぱく質成分の量が多いもの、品種改良など、人の手が加わってないものを厳選して原料にしています。こちろん、保存料や添加物などの化学物質を一切含まない天然成分100%です。

蘭山ゴーヤーが原料

生産地は中国広東省の蘭山ゴーヤー。収穫後と加工後に計2回の品質検査を行い安全が証明されているものを原料にしています。
一般に健康食品に使用する原料には、国内産、タイ国新信ニガウリ、蘇提ニガウリ、中国産があり、この順番で高級素材となっています。糖素減は中国産の薬用種を原料にしていますので、健康茶では得られない濃度を摂取することができ、サポニンの抗酸化や植物性インスリンとしての本来の働きを得ることができます。
  ゴーヤーのマメ知識
チャランチンのインスリン分泌促進作用
モモルディシンでコレステロール低下
コロソリン酸は植物インスリン、グルット4を活性化

ゴーヤーには食用と薬用があります。成分に違いああるため健康食品では薬用ニガウリが使われ、例えば、植物インスリンのチャランチンは、食用の約6倍にもなる品種があります。

チャランチンのインスリン分泌促進作用


ゴーヤー(ニガウリ)に含まれるチャランチンは、1966年に血糖値を下げる作用があることが報告されています。

血糖値が上がると .....
チャランチンが膵臓のβ細胞に働きかけることでインスリンの分泌を促し、血糖を下げるように作用します。 このため、チャランチンは植物インスリンと呼ばれています。

血糖値が下がりすぎると .....
血糖値が下がった場合、チャランチンは、α 細胞からグルカゴンを分泌させることで血糖値を上昇させ、血糖値を安定させます。

◆ 薬剤のスルフォニル尿素剤を利用した場合、その作用が効きすぎ、低血糖を起こすこともあります。

チャランチンは、血糖値を下げるインスリンと、上げるグルカゴン、 両方のホルモンに働きますので、
低血糖になることはありません。
これが、「チャランチンは植物インスリン」といわれる由縁です。

※ チャランチンはニガウリにだけ含まれる成分で、
  すい臓の働きを活性化し正常な働きに戻すように作用する
  脂溶性のタンパク質です。

モモルディシンのコレステロール低下作用


モモルディシンもゴーヤーに含まれる苦味成分の一つで、抗酸化作用をもつサポニンの一種で食物繊維です。

薬用人参でもおなじみのサポニンは、コレステロールや老廃物を排出し、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病、ガンを予防。胆汁酸の分泌や産生を促して、コレステロール値を低下させる働きがあります。
また、物繊維としての働きでは、 食物繊維が消化酵素によって分解されない成分のため、腸内の善玉菌の増殖を促進し、便の量を増やし、腸内環境を整えます。

コロソリン酸のインスリン様作用


コロソリン酸は多くの植物に含まれるトリテルペン酸の一種。
ゴーヤーにコロソリン酸が含まれています。

コロソリン酸といえばバナバ茶と思われるでしょう。
しかし、コロソリン酸は脂溶性のため水には溶けにくく、
お茶では効果が薄くなります。

インスリンが使えないとき
コロソリン酸がグルコーストランスポーター( GLUT4)を使ってグルコースを細胞内に取り込みます。 筋肉で働いていますので軽い運動をしていると効果的です。

コロソリン酸については、次のような報告があります。

1) インスリンと同じようにグルコースを細胞内に速やかに吸収させること、即ちグルコーストランスポーター(糖輸送体:GLUT4)を活性化させる。(広島大学医学部総合薬学科活性構造学講座の山崎和男名誉教授)

2) コロソリン酸を用いた動物実験の結果で、「コロソリン酸投与後4時間に血糖低下作用を示し、インスリン値の低下も見られた。また、筋肉GLUT4タンパク発現の増加が見られた。」ことを鈴鹿医療科学大学医療栄養学科の三浦俊宏講師が、第46回日本糖尿病学会年次学術集会で発表。


糖遡源 ¥12,600.(税込)ご購入

血糖値のコントロールにゴーヤー食品

ゴーヤーの健康食品には粉末やお茶など幾つかのタイプがあり、利用されてきました。
漢方でも、ニガウリから抽出されたエキスには糖分の分解を促進してエネルギーに変えたり、腸管からのブドウ糖吸収を抑えるとされ、ニガウリの糖尿病への利用は古くからあります。 漢方で使われるニガウリは栽培しやすいように品種改良されたものではなく、東南アジアなどの原生種に近いものが用いられます。


▲ クリックして続きをお読み下さい

ゴーヤー100%の糖素減だから、血糖値コントロールが上手くできる。


血糖値のコントロールに失敗しないためには、食べたものからの影響を把握できることが大切です。
自分にとって「良いこと」「悪いこと」を知るには、「自分が知っている成分をどのくらい摂ったか」がわかること良いですね。
余計なものを入れない「糖素減」はゴーヤー成分だけですので、原因と結果をハッキリさせることができます。
 ● 血糖値を安定したい
 ● 血圧を安定したい
 ● 便秘しやすい
 ● 体脂肪を燃焼したい
 ● お酒をよく飲む
 ● 食生活が不規則
このようなことには活発なインスリン分泌が必要です。分泌の促進に100%植物由来の糖素減は安心して利用できます。
ご注意:用法・容量を守りましょう。過剰な量を長期に渡り摂取し続けると膵臓のインスリン分泌に影響を与えることもあります。
比較例
この例は菊芋加工食品とされるもので、北虫草茸や桑の葉エキスなど8種類を原料にしています。多くのパウダー食品では成分の1つに加えられています。¥29,400.

ゴーヤ緑汁粒。ゴーヤ粉末に大麦若葉などを配合したものです。
Amazon
糖素減は粉末タイプです。粉末エキスをカプセルに詰めることで苦みをなくした100%天然ゴーヤー。他の成分を含まないため、目的や体調に合わせてゴーヤー成分の増減も可能。 ¥12,600. もっとも親しまれているものは健康茶。苦みを緩和する目的で日本茶やオリゴ糖などを加えたものなど様々です。¥500.程度から。

沖縄県産ゴーヤ種子ごと100%粒。混じり物が少ないが乳糖が使われています。
ケンコーコム
糖素減
一粒460 mgx150粒
1日に4粒〜6粒を目安に2〜3回に分けて摂取。

糖素減の原材料・主な成分及びその含有量

原材料:ゴーヤー(苦瓜)抽出物・ゼラチン
栄養成分(一粒当たり): エネルギー 3.26 kcal
  タンパク質 0.1 g
  脂質 0.30 g
  炭水化物 0.48 g
  ナトリウム 0.40 mg
「糖素減」の販売業者:株式会社ライフィックス 
福岡県福岡市中央区大名2-10-29 福岡ようきビル5F tel:092-721-6684

ご購入について

糖素減は、通販で購入していただいた個数に応じて最大10%割引されます。
糖素減の通販の定期コースなら最大20%割引、 さらに送料は無料です。
得に購入したい方や、お忙しい方は、糖素減のお得な定期コースをおすすめします。
ご購入
良質たんぱく質で血糖値と免疫力
新たにインスリンが働きはじめるショウガ