まぶたの痙攣

 血糖値 Index Page  > 目の病気  > まぶたの痙攣
ほんとなの?

血糖値

高血糖が続くことで糖尿病性網膜症へ発展することは知られていますが、
目は、血行不良や感染症、ストレス、栄養の偏り、運動不足などが原因で様々な病気を発症しやすくなります。目についての身近なトラブルを知っておき、トラブルを起こさない生活習慣を身につけましょう。また、症状を感じたら適切に対処することが大切です。
 

まぶたの痙攣

注意:*

まぶたの痙攣について

目の周りの筋肉の瞼(まぶた)がピクピク痙攣すること。
2つのパターンがあります。

  • 一時的なまぶたの痙攣
  • 長く続く瞼の痙攣
※ このページではおもに「一時的なまぶたの痙攣」について記載しています。

まぶたが痙攣する原因

一時的なまぶたの痙攣の多くは、疲れやストレスによるものが多く、あまり心配しすぎず、疲れのサインだと思って、まずはゆっくり休養をすることが大事です。
まぶたの痙攣が長く続く場合には、目の病気の可能性も考えられます。眼科にて一度検査してもらいましょう。

一時的なまぶたの痙攣となる原因

  • 目を長時間酷使 (読書・ネット・テレビ・ゲーム・勉強など)
  • ドライアイ
  • 睡眠不足
  • 顔面けいれんは、片側顔面痙攣(俗にいう顔面神経痛)ともいわれ、一般には、目もとから始まり、口の周辺に広がっていきます。
    しかし、その初期段階は見分けが付けにくいもの。
    顔面神経痛であれば、頭の後ろにある血管と神経が交差しているところで血管が腫れ、神経を圧迫し瞼をぴくぴくさせることがあるため、神経内科か脳神経外科を受診することも有効。(炎症や瘢痕の刺激、腫瘍による圧迫などの可能性も含んでいます)
参考リンク:(社)日本脳神経外科学会 顔面けいれん

まぶたの痙攣の解消方法

  • 十分な休養や睡眠が大切です。
    ストレスが少ないとき(お風呂あがりや休日)でも痙攣しているようなら、検診してもらいましょう。

筋肉の痙攣と食べ物

筋肉がツル、例えばワキやフクラハギ。 栄養面ではカリウム・カルシウム・マグネシウムなど電解質を作るミネラルの栄養不足が挙げられ、糖尿病の併合症に1つ「腎症」でも、これらの栄養不足となることで筋肉の痙攣をおこします。

たまに体の一部がピクピク痙攣
ピクピクやガクガク、痛いもの、色々あるようです。筋肉の不随意運動の幾つかをメモしておきます。
線維束性収縮・強縮性収縮(テタニ−)・有痛性痙攣(クランプ)・筋強直(ミオトニア)・ミオキミ−(筋波動症)・片側顔面攣縮・眼瞼攣縮・クロ−ヌス(間代)