目の病気 おもに加齢に伴う眼病を掲載しています。

 血糖値 Index Page  > 目の病気
ほんとなの?

血糖値

目次:目の病気

  1. 目の病気 ※ おもに加齢や高血糖に伴う眼病を掲載しています。
眼球の構造
画像出典:日本眼科学会
病名 症状 場所
     
黄斑変性症  視野がぼける・ゆがんで見える・見たいものが見えない 網膜黄斑部
  原因:網膜の中心にある黄斑部の老化(黄斑部はもともとは凹んでいるのが、盛り上がってくる。老廃物が蓄積され新生血管が生じ、視細胞の破壊や出血により視力障害を起こしているもの)
黄斑変性症には、加齢黄斑変性症(AMD)や新生血管黄斑症など、幾つかのタイプがある。
近視・老視   視力低下(ピントが合わない)・眼痛 毛様体・水晶体
  原因:毛様体の動き・水晶体の弾力性の低下(焦点が合いにくくなる)
乱視 物体が二重に見える・ゆがんで見える 角膜
  原因:主に角膜と水晶体の歪み(焦点が定まらない状態)
白内障 まぶしい・暗い・目のかすみ・二重に見える・視力低下 水晶体
  原因:おもに加齢などで本来透明な水晶体が酸化、白濁した状態になる。
白内障には、老人性白内障・先天性白内障・糖尿病性白内障・ステロイド性白内障・放射線白内障・ぶどう膜炎などにともなう併発白内障・外傷性白内障など、さまざまなものがある。糖尿病性白内障では、水晶体のクリスタリンというタンパク質の糖化や、ポリオール代謝の亢進によるソルビトールの蓄積が、その発症に深く関与すると考えられている。
緑内障 視野の欠損・失明(緑内障=失明は改善されつつある)
自覚症状は少なく、異常に気づいて医療機関を受診した時には症状が進行していることが多い
水晶体・硝子体
  原因:房水の産生と排出のバランスが崩れて眼圧が高くなり、視神経の障害され視野が欠ける(房水:角膜と水晶体に栄養を供給する透明の液体)
うまく房水が排出されないことで眼圧が上がるのだがこの原因には幾つかある
飛蚊症 糸くずや虫(蚊)が飛んでいるように見える 硝子体
  原因:硝子体の中に線維性の混濁が生じる
(硝子体:眼球内部の大半を占める無色透明のゼリー状の組織)
網膜剥離 視力低下・視野の欠損・物体がゆがんで見えることも 硝子体・網膜
  原因:硝子体の老化・変質による牽引で網膜の一部がはがれる
     
  ※ ここに記載の眼病は一部のものです。
糖尿病、高血圧、白内障に、アンセリンの効果
ゴーヤーに含まれる植物インスリン:説明ページ
「黒にんにく」「ショウガ」で血糖値改善:説明ページ