SMBG自己血糖測定器のシステム説明

 血糖値 Index Page  > 血糖測定器トップ  > システム説明
ほんとなの?

血糖値

SMBG自己血糖測定器のシステム説明:このページの目次

  1. 自己血糖測定器 システム構成

SMBG自己血糖測定器のシステム説明

掲載:2008年10月

SMBGのシステム構成

SMBG自己血糖測定器のシステム説明
測定器本体と測定センサーは、組合せが決まっており、一部を除いてメーカー間の互換性はありません。測定センサーはチップ型が多いのですが、17枚入りのドラム型や10枚入ったトレイ型の製品では、血液が付着するセンサーに手を触れることなく利用できるものがあります。
■ 採血は、穿刺具に穿刺針を取り付けでおこないますが、皮膚に微細な穴を開けて血液を出させるために使います。穿刺針は一回の採血ごとに新しいものと取り替えるものですが、ドラム型穿刺針では6本を内蔵することで、頻回使用を便利にしているものもあります。
この他、皮膚の消毒用アルコール綿、使用済みセンサー廃棄用ケースなどが必要です。

本体と穿刺具の組合せについて
この2つは、システム的には同一メーカーである必要はありません。
スターターセット(初回セット)には同一メーカーでセットされていることが多く、割安で購入できることがあります。

測定原理の種類
次の4つの方式のいずれかが使われています。
■ 【酵素電極法】測定センサーのブドウ糖酸化酵素に反応させ、電流を測るもの
   酵素電極法はさらに、酵素の種類で2つに分類されます。
   ・グルコースオキシダーゼ(GOD)法
   ・グルコースデヒドロゲナーゼ(GDH)法 (グルコース脱水素酵素法)
■ 【酵素比色法】測定センサーのブドウ糖酸化酵素に反応させ、色の変化を測るもの
   比色定量ともいう。
   酵素比色法も2つに分類されます。
   ・ヘキソキナーゼ(HX)法
   ・グルコースオキシダーゼ / ペルオキシダーゼ(GOD / POD)法

【注意】
● 基本原理は、GOD法またはGDH法ですが、それぞれに一長一短があります。
GOD法では、貧血や人工透析の場合で高値、新生児や生理前の女性などでは低値となることがあります。また、GDH法では、マルトースなどにも反応がでるとされ、高値を示します。製品の安全情報に注意しましょう。
● 採血部位でも変わります。
食後の血糖測定で、指先は血糖値の反応が早いのですが、少しでも痛みを減らしたいときにおこなう腹壁や上腕外側部腕や大腿部では反応が遅いうえ、示される血糖値にも違いがあります。初めて使うときや機種変更をしたときなどは、複数の部位でサンプリングするのどの「システムへの慣れ・特徴を知る」が必要です。

測定方法の種類
自己血糖測定器は、測定センサーに血液を取り込む方法で2種類に分かれます。
 ・血液をセンサーに吸引するもの
 ・血液をセンサーに点着(付着)させるもの

【参考】
視力が弱い、あるいは高齢の場合、点着式よりも吸飲式のほうが取扱いがやさしいといわれています。

コンパクトプラス(黒) 製品の仕様・使い方
アキュチェック Compact Plus の後継機
ワンタチ ウルトラビュー 製品の仕様など
ワンタチ ウルトラビュー 製品の仕様など
アセンシア ブリオ 製品の仕様など
アセンシア ブリオ 製品の仕様など
SMBG Contents
ページ内容 ページ
主要メーカー8社の主な製品について、
基本機能を比較しています。
主要メーカー
   SMBG 自己血糖測定器の基本機能比較
主な製品のランニングコストとして、測定センサーと穿刺針の価格を掲載しています。 主要メーカー
  SMBG ランニングコスト一覧
主な製品がもつ便利機能や使いやすさをまとめています。 便利機能・使いやすさ比較
自己血糖測定についての説明やトピックを掲載しています。 SMBGのシステム説明
測定センサーの概要を説明しています SMBGの測定センサー
採血器具の概要を説明しています SMBGの採血器具
販売元または製造元のURLを掲載しています SMBG 販売元・製造元のURL
 
・生活習慣病の予防にSMBG
・自己血糖測定器のメリット
SMBG 自己血糖観測邸システム
  トップページ