糖尿病は自覚症状がなくても合併症が進行しています。3大併合症を含む21の主な併合症とは。

 血糖値 Index Page  > 糖尿病の併合症
ほんとなの?

血糖値

糖尿病の併合症

糖尿病は自覚症状がなくても合併症が進行しています。3大併合症を含むおもな併合症には次のような疾患があります。しかし、血糖値のコントロールがしっかりできれば併合症の予防もできることがわかっています。

 糖尿病が引き起こす併合症 (※ 太字が3大併合症)
脳  脳卒中 脳梗塞 (動脈硬化による)
 目  網膜症 白内障
呼吸器  感染症 肺炎 肺結核
 心臓  狭心症 心筋梗塞 (動脈硬化による)
 腎臓  腎症
 泌尿器  勃起障害 尿路感染症 膀胱炎 排尿障害
 神経  末梢神経障害(知覚神経と自律神経) 勃起障害
 足  タコ 白癬菌症(水虫) 末梢神経障害 足潰症 壊疽
※ 太字が3大併合症。

糖尿病の3大併合症について

高血糖の影響を最も受けやすいのは、末梢神経と細い血管です。このため糖尿病宇の併合症は、 網膜 → 神経 → 腎 の順序 で現れるといわれています。

糖尿病と動脈硬化について

糖尿病は、高血圧、高脂血症、肥満などとともに、生活習慣病の代表です。 これらの生活習慣病は動脈硬化を進行させ、結果、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症、下肢の動脈硬化症、などの病気を引き起こしたり、進めたりします。
糖尿病は動脈硬化性疾患の重大な危険因子となっています。

食後の高血糖が動脈硬化性疾患の死亡率を引き上げるという。

併合症を防ぐ10ヶ条

  • 食事、運動、薬の服用を遵守する
  • 定期的に血糖値を測り、記録する
  • 頻繁に血圧を測る
  • 年に1回、詳しい目の検査を受ける
  • 1〜2ヶ月に一回HbA1cの検査を受ける
  • 年に1回、尿蛋白の検査を受ける
  • 血中脂質の検査を受ける
  • 毎日、足と皮膚をチェックする
  • たばこをやめる
  • 自分の糖尿病に責任を持つ!
出典:日本イーライリリー株式会社
 

糖尿病で飲酒が許される条件

  • 食事、運動、薬の服用を遵守する
  • 定期的に血糖値を測り、記録する
  • 頻繁に血圧を測る
  • 年に1回、詳しい目の検査を受ける
  • 1〜2ヶ月に一回HbA1cの検査を受ける
  • 年に1回、尿蛋白の検査を受ける
  • 血中脂質の検査を受ける
  • 毎日、足と皮膚をチェックする
  • たばこをやめる
  • 自分の糖尿病に責任を持つ!
出典:http://www.joho-kyoto.or.jp/
 

膵臓によい食べ物

体に良い、その臓器に良いと言う食べ物とは、結局、その臓器に負担をかけない食べ物をさします。 膵臓はインスリンだけではなく、炭水化物の消化にアミラーゼ脂肪の消化にはリパーゼを合成・分泌している。これらホルモンや消化酵素を大量に作らせないことが負担軽減、膵臓によい、となります。また、これらの元になる栄養素をしっかり補うことも重要です。ここでは、インスリンの合成が円滑にできるような栄養を絶やさないことです。
膵臓を守る食事の基本は、低炭水化物、低脂肪、高タンパクです。白身の魚や鶏肉、緑黄野菜ですね。

東洋医学では脾臓にも注目

東洋医学では脾臓は食物の栄養を運搬し他の臓器に与えて養う、いわば生命の活力源として重視しています。

ゴーヤーに含まれる植物インスリン:説明ページ
「黒にんにく」「ショウガ」で血糖値改善:説明ページ