糖尿病性神経障害は、末梢神経の知覚神経と自律神経に多く見られ、最終的には筋力が低下、萎縮することがある。

 血糖値 Index Page  > 糖尿病性神経障害
ほんとなの?

血糖値

糖尿病性神経障害(あるいは、糖尿病性ニューロパシー)

まずは、神経について簡単にまとめ。
糖尿病性神経障害は、末梢神経の知覚神経と自律神経に多く見られるもので、最終的には筋力が低下して萎縮することがあります。最も多い慢性多発神経障害の一般的な原因は糖尿病です。

 中枢神経 脳と脊髄
 末梢神経 体のすみずみまで伸びている神経
 末梢神経の種類  
 運動神経  手足などを動かす
 → 知覚神経  痛みや、熱い冷たいなどの感覚を伝える
 → 自律神経  無意識に内臓の働きや発汗をコントロールする

糖尿病性神経障害の症状

【知覚神経障害の症状】
  • 足先、足の裏がしびれる。麻痺した感じがある。痛い。
  • 足が冷たい、足がほてる。
  • 手先がしびれる、冷たい。
  • 足がつる。(こむらがえり)
  • 足に壊疽(えそ)
【自律神経障害の症状】
  • 額や顔に汗をかきやすい。(発汗異常)
  • 便秘になる、下痢をおこす。便秘と下痢が交互におこる。
  • 立ちくらみがする。体がゆれて重心が保てない。
  • 胃の不調。
  • 生理不順。
  • インポテンツ、精力減退。
  • 瞳孔の異常。

糖尿病性神経障害 早期発見の方法

以下のような検査を定期的に行うことが早期発見につながります。

  • アキレス腱反射
      (ゴムハンマーで腱の部分を軽く叩く。末梢神経障害の診断の目安となる)
  • 神経伝導速度検査
     (手または足に付けた電極から電気的に刺激を加え、神経障害の程度を調べる検査)
  • 心臓の拍動数の変化をみる検査もある
      (心電図などで自律神経の状態を把握するもの)

糖尿病性神経障害 治療

糖尿病性神経障害の最大の原因は、高血糖の状態が続いていること、とくに食後血糖値の急上昇に注意が必要です。予防や、進行を防ぐには、

  • 血糖コントロールを良くすることが求められます
  • 飲酒・喫煙・ビタミン欠乏となるような食事が神経障害を悪化させることがあります
  • 日常生活に支障をきたす場合は、症状緩和のための薬物療法が必要になりますが、血糖値のコントロールや運動や睡眠などの生活習慣の改善のもとにおこないます。

神経障害の治療薬:

  • 神経障害をおこしている原因物質とされるソルビトールの産生をおさえる
    アルドース還元酵素阻害薬
  • 症状にあわせて、
    痛みをやわらげる非ステロイド系消炎鎮痛薬、抗不整脈薬、抗けいれん薬、抗うつ薬など
糖尿病性神経障害に対する承認薬
一般名 承認国 適応症
エパルレスタット
(Epalrestat)
日本 糖尿病性神経障害
メコバラミン
(Mecobalamin)
日本 糖尿病性神経障害、
ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血
メキシレチン(Mexiletine) 日本
海外34ヶ国
糖尿病性神経障害、
頻脈性不整脈
デュロキセチン(Duloxetine) US、EU 糖尿病性神経因性疼痛、大うつ病
US 全般性不安障害
EU 腹圧性尿失禁
ガバペンチン(Gabapentin) EU 神経因性疼痛(糖尿病性神経障害、ヘルペス後神経腰痛及び神経性腰痛も含む)、てんかん
US ヘルペス後神経腰痛、てんかん
プレバガリン(Pregabalin) US、EU 糖尿病性神経因性疼痛、てんかん、ヘルペス後神経痛
US 線維筋痛症
EU 全般性不安障害
    出典:塩野義製薬株式会社

糖尿病性神経障害 日常生活の注意

神経障害で痒みや痛みを感じないとき、切り傷や感染症があても気づかないことがあります。特に足は毎日見るようにし、清潔を心がけましょう。

壊疽(えそ)は回避できる:
足の小さな傷が治癒せずに化膿したり潰瘍になるなど、足の指やかかとの一部が壊死しまうことを壊疽(えそ)と呼ぶ。
 ・ 痛覚神経が障害されるために傷に気付かないこと
 ・細菌に対する抵抗力が低下しているため化膿しやすいこと
 ・動脈硬化のため血液の循環が悪いこと
などが原因。 早期発見・早期治療が大切で、怪我や火傷に注意し、いつも足を清潔に維持するよう努めるとよい。
注意すること   適応症
虫歯や歯周病   歯がいったくて食事ができないと血糖コントロールが乱れます。
オーラルケアを徹底しましょう。入れ歯なども忘れずに。
アルコール   アルコールは食欲を増進させ、インスリン分泌を抑制します。
主治医と相談しましょう。全くダメな訳ではありません。
タバコ   禁煙したほうがよい。タバコは血流を悪化させ神経に影響を及ぼします。心臓病や脳卒中などに関連します。
やけど   神経障害で「熱さ」を感じなくなります。暖房器具、お風呂、調理などには注意しましょう。
靴や足のトラブル   くつずれ、外反母趾、魚の目、たこ、水虫などがないか、よく観察しましょう。
ゴーヤーに含まれる植物インスリン:説明ページ
「黒にんにく」「ショウガ」で血糖値改善:説明ページ