糖尿病の診断基準

 血糖値 Index Page  > 糖尿病の診断基準
ほんとなの?

血糖値

目次:糖尿病の診断基準

  1. 糖尿病の診断基準:血糖値
  2. 糖尿病の診断基準:HbA1c ヘモグロビンA1c

糖尿病の診断基準

このページでは、血中のインスリンが高値または低値となる病態を引用しています。

血糖値

糖尿病と診断される血糖の基準値 備考
 1)随時血糖値が 200 mg/dl 以上
 2)早朝空腹時血糖値が 126 mg/dl 以上
 3)75g糖負荷試験で2時間後の血糖値が 200 mg/dl 以上
1回目の検査後、別の日に2回目の検査を行う。2回の検査でいずれも血糖値が基準値以上の場合、糖尿病と診断されます。
  (1回だけの検査で越えている場合は糖尿型と呼ばれます)
ただし、糖尿病型を示し、且つ次の場合は1回の検査で糖尿病と診断されます。
糖尿病に特徴的な症状(口渇、多飲、多尿、体重減少など)がある
HbA1c が 6.5% 以上である
● 確実な網膜症がみられる
 
※ 正常型の空腹時基準値は 110 mg/dl ... 。米国は100 mg/dl ?
正常高値を説明するイラスト

左図は日本糖尿病学会から「空腹時血糖値の正常域に関する新区分」 としての説明です。詳しくはPDFファイルをごらんください。
空腹時血糖値の正常域に関する新区分
2008年6月
PDFファイル:203KB

出典:日本糖尿病学会
 
血糖値のコントロール(糖尿病の場合の目安です)
糖尿病では
・ 食前の血糖値が高い場合
・ 食後の血糖値が高い場合
・ 両方が高い場合
とさまざまなタイプがあります。最近では食後の血糖値の上昇と脳卒中や心臓病との関係が注目されており、食前の血糖値だけではなく食後の血糖値もしっかりコントロールする必要があります。
コントロールの評価 不可
血糖値 空腹時 80〜110 未満 110〜130 未満 130〜160 未満 160 以上
食後2時間 80〜140 未満 140〜180 未満 180〜220 未満 220 以上
参考:日本糖尿病学会
 

ヘモグロビンA1c ( HbA1c )(へもぐろびんえーわんしー)

糖尿病と診断される血糖の基準値 備考

 ヘモグロビンA1cは、過去1〜2ヶ月間の血糖値を示すものです。
 糖尿病と診断されるヘモグロビンA1c・・・ 6.5% 以上
 
 
 * 病院では、HbA1c、6.0を下回ることが推奨されます。
 (経験的に運動しないとこれは無理。食事だけでは達成できません)
 
 2型糖尿病患者を対象にしたよく知られた研究で、
 HbA1cが高くなるにつれて目や腎臓の病気などの長期的疾患にかかるリスクが
 高くなることがわかっています。
 例:HbA1cが9% ... 網膜症になるリスクは、HbA1cが7%の6倍
 例:HbA1cが10% ... 腎症になるリスクは、HbA1cが7%の10倍近く
 
   
ヘモグロビンA1cのコントロール(糖尿病の場合の目安です)
血糖値が高くなるとブドウ糖が赤血球の中のヘモグロビンと結合します。これがヘモグロビンA1cと呼ばれるもの。 血糖値が高いほどヘモグロビンA1c値も大きくなる。ヘモグロビンA1c値は合併症の進行と深く関係しており、6.5%未満がコントロールの目安となります。
コントロールの評価 不可
不十分 不良
ヘモグロビンA1C値
(%)
5.8未満 5.8〜6.5未満 6.5〜7.0未満 7.0〜8.0未満 8.0
以上
6.5〜8.0未満
※ 正常者のHbA1c 基準範囲は4.3〜5.8%
※ HbA1cは溶血性貧血や大量出血、妊娠などで平均血糖値を反映しないこともある
※ 8%を越えると急に細小血管症の発症が多くなる
※ 6.5〜7.0%という比較的低い値でも動脈硬化の発症率が高い
参考:日本糖尿病学会